こんにちは!愛知県尾張旭市の株式会社Fullmarksです。
弊社では外壁塗装や左官工事、モルタル造形などを行っております。

このコラムコーナーでは、弊社が培ってきた知識や経験をもとに、皆さまにお役立ち情報をご紹介しております。

さて、今回はある疑問について取り上げます。
それは「外壁塗装は雨が降っても施工できるのか」というものです。

「外壁塗装=野外の仕事」、もし雨が降りだした場合そのまま施工を続けることはできるのでしょうか。
外壁塗装業者に依頼する法人様も、専門業者に依頼しようとしている個人のお客様も、工期の遅れや施工の品質を気にされたとき、必ず浮かんでくる疑問かと思います。

実は外壁塗装には雨が降っても作業可能な工程と、そうでない工程があります。
ここからはそれらの工程について詳しく見ていきましょう。

降雨時も続行できる施工

Rain pouring off roof on city background. 3D Rendering

私たち外壁塗装の専門業者は、なるべく梅雨の時期と施工日程が重ならないように注意し、晴れている日を選んで工事を行いますが、運悪く雨天日に当たってしまった場合は、やむを得ず工事を中断して雨が止むまで塗装作業は待機します。

ただし、“塗装作業は”です。
ご依頼いただいたお客様のためにも、ただ単に何もせず指をくわえているわけにはいきません。
少しでも予定通りに施工を完了できるよう、次のような作業を行います。

足場を組み立てる

建物の規模や塗装範囲にもよりますが、たいていの場合は高所で作業を行うため足場の組み立ては必須です。
雨が収まったときに、高所の塗装にスムーズに移ることができるよう、前もって足場を組み立てておくのも大事な仕事です。

養生シートを張る

養生シートには、塗装しない範囲に塗料が付着しないようにカバーしたり、建物を歩くお客様が滑って転んだりしないよう滑り止めをしたりする役割があります。
もし次の施工範囲の養生が完璧に終わっていないのなら、雨天時にやってしまうことでより効率的に、何より安全に作業を進めることができます。

降雨時に延期せざるを得ない施工

ズバリ、“塗装につながる施工”の全てです。
雨に負けまいと無理を通して塗装を行ってしまうと塗料の効果が低下してしまったり、仕上がりが中途半端になってしまったりと、さまざまな問題に見舞われます。

もちろん、雨天といっても、それが小雨なのか豪雨なのか、あるいはその中間なのか、さまざまなケースを考慮して、現場の状況によって延期か続行を判断する必要があり、ときにプロでもこの判断は難しいものです。

しかし、私たちが使う塗料の特性として、大前提に「塗装中の湿度の上昇で品質が低下する」というものがあります。具体的な数字で表すと、約85%以上の湿度が続きそうな場合は、天候の状況如何に関わらず延期すべきといえるでしょう。

雨でも関係なく塗装を続ける業者も・・・

多くの場合、雨の中の塗装には百害あって一利なしということがわかりました。
しかし、中には費用がかさんだり、工期が遅れたりすることを懸念して、雨の中無理やりにでも塗装作業を行う業者の方も存在します。

最近の塗料には、雨の中の塗装作業を考慮して開発された特殊なものも存在しますが、足場が濡れている中で行う施工は危険極まりないものです。

万が一事故が起こった場合は、施主様も業者さんも多大な損害につながってしまいます。
こういった場合は、ぜひ施工を中断してもらうようお願いしてみてください。

安心確実な施工はFullMarksにお任せください!

優良業者は雨天時の対応も適切で、そういった延期を見据えて確実な施工を行います。

もちろん弊社も例外ではありません。
長年の経験で積み上げた確かな専門知識と豊富なノウハウで、事故がなく高品質な施工をお約束いたします。

外壁塗装のことならぜひ株式会社Fullmarksにお任せください。

魅力を感じたあなたはご応募を!

技術や知識はもちろん、天候のことまで配慮して行う外壁塗装は、とても奥が深く難しい仕事です。
しかし、新しい何かを習得すればするほど、おもしろくなっていくのもこの仕事の魅力です。

弊社では未経験者も大歓迎で、ただいま求人募集を行っております。
もし、今回の記事をきっかけに左官や外壁塗装をしてみたいと思った方は、ぜひ求人情報ページよりご連絡ください。
誰もが最初は初心者です。あなたもゼロからステップアップしてみませんか?
ぜひご応募、ご連絡お待ちしております。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
外壁塗装や左官工事は愛知県尾張旭市の株式会社Fullmarks
ただいま名古屋、春日井、尾張旭など左官職人の求人募集中です!
〒488-0824
愛知県尾張市西山町1-9-9
052-880-6963
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー