こんにちは!愛知県尾張旭市の株式会社Fullmarksです。
弊社では外壁塗装や左官工事、モルタル造形などを行っております。

このコラムコーナーでは、弊社が培ってきた知識や経験をもとに、皆さまにお役立ち情報をご紹介しております。

さて、今回は「部分補修」についてです。
外壁塗装というと大がかりなものがほとんどですが、部分補修はプチ外壁塗装ともいうべき作業で、お気軽にご依頼いただけます。
しかも、これを行うことで塗装の効果をさらに長持ちさせることが可能です。

今回はどのような場面で部分補修が役立つのか少しご紹介しましょう。

ひび割れ(クラック)

外壁塗装はひび割れとの闘いといっても過言ではないほど、左官はこの症状に立ち向かい続けています。
ひび割れは、ある程度の経年が見られる住宅にはたいてい発生するもので、見つけるたびに補修するしかありません。
景観を損なうというデメリットはもちろんありますが、全てのひび割れが建物の機能を低下させるわけではありません。
ただ、中には早めに部分補修を行わないと、建物の防水機能を大きく損なわせるものもあるため注意が必要です。

ひび割れの種類はさまざまです。
どんなものがあるのか見ていきましょう。

コーキング材の劣化によるもの

サイディングボード(外壁のために多く用いられている建材)同士の目地(継ぎ目)や窓周りの隙間などに塗られるのがコーキング材(別名シーリング材)です。

コーキング材は材料同士が衝突しないよう受け止めるクッションとしての役割と、雨天時などに浸水を防ぐ役割がありますが、やはり年数が経つと劣化してひび割れてしまいます。

そのひび割れが深刻な場合、どちらの役割も果たせなくなり、結果的に建物の損傷や浸水を招いてしまう原因になります。

塗膜の劣化によるもの

塗装を行うことでつくられる膜「塗膜」は外壁にさまざまな効果をもたらします。
単に外壁自体を保護するという本来のものから、防水性や断熱性など、その効果は塗料によってさまざまですが、この塗膜も雨風や太陽光にさらされることで経年劣化していきます。

塗膜の機能がなくなると、外壁自体の劣化につながってしまい、建物の耐久年数を短縮させたり、雨漏りを発生させたりすることにもなりかねません。

部分補修は株式会社Fullmarksへご相談ください

単に表面の塗料がひび割れているケースから、シーリング材(タイルや金具など、防水を目的に建物の継ぎ目に塗る材料)がひどく劣化しているケースまで多種多様なので、一般の方には判断がつきにくいかもしれません。
心配な場合は専門業者に相談しましょう。

もちろん、弊社でもこうした部分補修にご対応しております。
大がかりな塗装に比べて低価格、短期間でできる部分補修は、定期的に行うことで建物をより長持ちさせることができます。

ベテランの左官職人による確実な施工をご要望の業者様はぜひ株式会社Fullmarksにお問い合わせください。

建物を守るプロフェッショナルになりませんか?

ここでご紹介した部分補修はもちろん、塗り壁や外壁塗装など、建物に深く関わる仕事を行うのが左官職人です。
職人が行う丁寧な施工は、そのまま建物を守ることにもつながります。

弊社では、そんな左官職人を目指す方を広く求人募集しております。
世界からも注目される日本の職人技、弊社はこれを次代の若者に受け継いでいきたいと考えており、そのために最高の環境をご用意しております。

もちろん経験が豊富な方は優遇しますが、ゼロからチャレンジされる未経験の方も大歓迎です。
株式会社Fullmarksでは、新しい挑戦に情熱を燃やしている方、確かな技術を身につけたい方のご応募をお待ちしております。

ぜひ求人応募ページよりお気軽にご連絡ください。
ご応募お待ちしております。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
外壁塗装や左官工事は愛知県尾張旭市の株式会社Fullmarks
ただいま名古屋、春日井、尾張旭など左官職人の求人募集中です!
〒488-0824
愛知県尾張市西山町1-9-9
052-880-6963
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー