事業内容

Fullmarksでは業務内容は大きく分けて以下の二つになります。

・塗装工事全般(新築及びリフォーム内外装塗装、吹付け塗装、木工塗装、テクスチャーペイント等)
・左官意匠仕上工事全般(新築及びリフォーム内外装左官工事、モルタル造形、特殊左官等)

Fullmarksのできること

左官工事

左官工事とは、モルタルやプラスター、壁土などの材料を水で練り、下地の上に塗り付ける工事です。
表面の仕上げには、主にコテが用いられます。
左官職人にとって、コテさばきが実力を計る一つの指標となります。
また、左官工事は臨機応変に動けるかも大切です。
モルタルを塗るにしても、同じ条件というものは存在しないので、季節、気温や湿度によって乾くのが早かったり遅かったり、仕上がり方も異なります。
状況に応じた判断力といったものは経験を積まないと身に付かないことで、それなりの年数は欠かせません。粘り強さは左官職人に必須の資質でしょう。

モルタル造形

モルタル造形とは、特殊なモルタルを使用して自然石やレンガを枕木や大理石などの質感や存在感をリアルに表現できる彫刻工法のことです。
モルタル造形の工法は、左官工事のように塗りつけを行い、そこから削り出して整形していきます。 このことで圧倒的な風合いと存在感が生まれるのです。

モールテックス

モールテックス(MORTEX)というのは、ベルギーのBEAL社が製造・販売を行っているセメント系の薄塗り左官材のことです。1mm程度の塗り厚でもコンクリートと同等の表面強度があり、弾力性もあって下地のたわみや動きが発生してもヒビはほとんど入らないとされています。そのため、コンクリートやモルタル下地に限らず、MDFやベニヤ、硬質ウレタンフォームなどほぼすべての下地に塗ることができる仕上げ材です。

表面強度があって防水性もあるため、水回りやテーブルの天板など今まで左官材が使用されなかった箇所にも使えます。コンクリート調の意匠にできるだけでなく、専用の顔料を組み合わせることで多彩な色を出すこともできます。

塗装工事

弊社が取り扱ってます業種は塗装業ですが、 その中でも、「 建築塗装 」になります。
住宅やビルなどの建築物には、「金属」「木材」「コンクリート」「モルタル」など 多くの材質の異なる材料が用いられています。
これら材料の違った素地(面)に対して塗装をおこなっていくには、 当然のことながら適切な塗料による適切な塗装方法が求められます。
また建築物内部と外部の塗装では、たとえ同じ素地であっても塗料や 塗装方法を変えねばなりません。このような施工を「建築塗装」と言います。

職人紹介

read more….

『Fullmarks』を支える職人達の紹介です。

各方面のエキスパートが集っております。

 

TOPへ